平成28年9月29日 一部改訂
平成28年9月1日

一般社団法人日本医療薬学会
正会員 各位

一般社団法人日本医療薬学会
代議員選挙管理委員会
委員長 北村 佳久



平成29・30年度代議員の選出について


 平素より本学会の運営にご高配を賜り御礼申し上げます。
 さて、第9回定時社員総会(平成29年3月24日開催予定)に本学会の第4期代議員が任期満了となることに伴い、平成29・30年度代議員の選出を行います。
 代議員の選出は、選挙による選出(250名)と推薦による選出(25名以内)を併用いたします。選挙による代議員の選出は所定の要件を満たす正会員を選挙人とし、投票はインターネットを用いたオンライン投票で行います。また、被選挙人になるには、立候補が必要です。
 今回、選出される代議員には、ますます拡大する本学会の役割と事業に対し積極的にご貢献いただくことになります。従いまして、立候補をいただく際には下記の「代議員の職務指針」を十分把握していただき、社員総会への出席(年2回程度)、本学会学術活動や委員会活動への参画(年複数回)、学術誌「医療薬学」及び英文誌「JPHCS」への投稿や査読等、本学会の事業へ積極的にご参画いただくとともに、重要案件に対して責任ある判断が求められます。
 本学会のさらなる発展のためには、高い志を有する代議員の方々の会への積極的な参加が必要です。つきましては、一般社団法人日本医療薬学会代議員選出規程(平成24年8月9日改正)、並びに公示内容をご検討いただき、正会員の皆様方からの積極的な立候補をお願いいたします。

《代議員の職務指針》
一般社団法人の構成員として学術活動を推進し運営に参画する
例)・社員総会に出席する(年2回程度)
  ・本学会の学術活動に積極的に参画する
  ・本学会誌「医療薬学」及び英文誌「JPHCS」へ積極的に投稿し査読に参画する
  ・委員会の委員として積極的に本学会運営に参画する(年複数回)
  ・本学会の重要案件に対し責任と自覚をもって判断する















Copyright © JSPHCS. All rights reserved.